ママタレントとして活躍中の小倉優子さんおすすめのアスミール。
アスミールは牛乳に溶かして飲むココア味のパウダー状の飲み物です。見た感じは「強い子のミロ」みたいな感じです。
実はこのアスミール、とてもバリエーションに富んだ栄養素を含んでいるのです。
今回はこのアスミールの主な配合成分を検証してみます。

アスミールの配合成分はこちら

アスミールの原材料名を調べてみると、下記のようになっています。

【原材料名】

グラニュー糖、ココアパウダー、ドロマイト、乳糖果糖オリゴ糖、植物性ミネラル(ごま由来)、亜鉛含有酵母、カゼインカルシウムペプチド、粉末状大豆たん白、煮干パウダー、コラーゲンペプチド、黒酢エキスパウダー、精製ナットウ菌培養物、メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー、DHA含有精製魚油粉末、未焼成カルシウム、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ビタミンE、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンA、葉酸、L-アルギニン、ビタミンD、ビタミンB12、(原材料の一部に乳成分、ゼラチン、大豆を含む)

オリゴ糖、植物性ミネラル、亜鉛、大豆たんぱく、コラーゲン、ビタミンなどいかにも体によさそうな成分が豊富に入っています。

また、背が伸びるために必要な成分であるタンパク質も含まれていますね。

グラニュー糖やココアパウダーなど、わかりやすい成分もありますが、ちょっと聞きなれない成分もありますね。聞きなれない成分はどんなものなのか解説していきます。

黄金比率でできているドロマイト

ドロマイトは珊瑚などが海の底で石灰石になった生物由来の鉱石です。鉱石というと「食べても大丈夫?」と思われるかもしれませんが、天然のミネラルです。

背が伸びる成分というとカルシウムを思い浮かべる方も多いと思いますが、カルシウムは実は背を伸ばすというよりも骨を丈夫にする成分なのです。

カルシウムを摂取する時には、カルシウム1:マグネシウム2で摂取するのが理想的なバランスなのですが、このドロマイトはもともとカルシウムとマグネシウムが2:1の理想的な配合でできているという驚くべき成分なのです。サプリメントにもよく使われている成分です。

L-アルギニンってどんなもの?

アルギニンは背を伸ばすのに効果的とよく言われています。これは子供の成長を助ける成長ホルモンの合成を助ける作用があるからです。

アルギニンはアミノ酸の一種なので、それ自体が骨や筋肉の成長に作用します。また、原材料に亜鉛含有酵母も含まれており、亜鉛は成長ホルモンのもとになるタンパク質の合成を促す作用があります。

アルギニンと亜鉛はお互いに機能しながら成長ホルモンの合成を促します。

あまり聞きなれないナイアシンという成分

ナイアシンは簡単に言うとビタミンB3のことです。糖質、脂質、タンパク質の代謝を助ける作用があります。

アスミールに入っていないもの

アスミールの原材料名に入っていないものは、合成保存料、合成着色料、合成甘味料です。これらのものは大人でも気になりますが、育ち盛りのお子さんをお持ちの方はできるだけ避けたいと思っている方も多いと思います。この3つが入っていないと安心して飲めますね。

まとめ

アスミールの成分を検証してみると、タンパク質、アミノ酸、カルシウムなど背が伸びると言われている成分が豊富に使われています。

また、アスミールを牛乳に溶かして飲むだけで、カルシウムや鉄分、ビタミン類など一日に必要な主要栄養素の80%以上が採れることになります。

アスミールの原料は全て国内製造原料が使用されており、日本国内の工場で製造されているのも安心できるポイントですね。子供と一緒にちょっと飲んでみたくなります。