子どもの成長に必要な栄養素があります。たんぱく質や鉄分、ミネラルなどはとくに重要な栄養素です。

成長ホルモンとも関連しているので、毎日の食事などから摂ることがおすすめです。子どもの成長といえば、身長を伸ばすための栄養素もたいへん重要です。

また、摂りすぎてはいけない栄養素などもあり注意も必要になってきます。

子どもの成長と栄養素について

子どもの成長期には、骨や筋肉をつくるたんぱく質が欠かせません。たんぱく質のほかにも筋肉のための鉄、ビタミン、ミネラルなどもとくに重要になってきます。

鉄の働きは筋肉に必要なエネルギーをつくるといったもので、骨の成長には亜鉛も欠かせないです。

子どもが健康に成長できるカギはあらゆる栄養素にあります。それらをバランスよく摂取できる食事づくりをすることが必要になってきます。

具体的には毎日の食事にどのような栄養素を取り入れていけばいいのでしょうか?

・たんぱく質

たんぱく質は筋肉をつくる栄養素です。体全体をつくるためにも必要な栄養素ですが、これらは肉類や魚介類、卵、大豆製品、乳製品などに多く含まれています。食材では牛肉やトリささみ、いわし、まぐろ、かつおぶし、しらす、豆腐などに多く含まれています。

・炭水化物

炭水化物は筋肉や脳のエネルギーとなり、穀類や砂糖などに多く含まれています。食材ではご飯やパン、パスタ、もち、じゃがいも、さつまいもなどに多く含まれています。

・カルシウム

カルシウムは健康な骨や歯をつくる働きをします。乳製品や骨や殻ごと食べる、魚、エビ、葉物野菜などに多く含まれています。

代表的な食材ではチーズやヨーグルト、しらす、いわし、さくらえび、あおのり、小松菜、春菊などがあります。

・鉄、マグネシウム

鉄、マグネシウムの栄養素は、血や骨をつくる働きがあります。食材ではレバーやあさり、納豆、ひじき、昆布、ほうれん草、ごまなどがあります。

・ビタミンA・C・E

ビタミンA・E・Cは免疫力を高め、血管を丈夫にする働きがあります。食材ではピーマンやにんじん、じゃがいも、イチゴ、キウイ、たらこなどがあります。

・ビタミンB群

ビタミンB群は、たんぱく質や炭水化物、脂肪などの代謝に働きます。豚肉や牛肉、大豆製品、緑黄色野菜などに多く含まれています。

代表的な食材としては、レバーやうなぎ、納豆、ほうれん草、ブロッコリーなどがあります。

・ビタミンD

ビタミンDは魚などに多く含まれ、カルシウムの吸収を助け、骨の発達に働きます。代表的な食材にはさけやかつお、ぶり、きのこ類などがあります。